ライブ活動休止について

 まず、何より、急な連絡で申し訳ありません。

 

 今日はライブ活動休止に対する私の思いを少し書きますね。

 

 私の周りのバンドには、今の我々より、遥かにヘビーな状況に陥っても、活動を止めることなく、突き進んでいるバンドが何バンドもいますし、みんなギリギリの中で、日々活動してると思います。

 

 そんな中、自分たちが2年間ライブをしないというのに、抵抗を感じないといえば、嘘になります。

 

 ただ、同時に、今回ヒロヤスが日本を離れる話を聞いたとき、「良い転機かもな」とも思いました。

 

 今まで8年間、しゅーへーのサポートもあり、航が抜けた後も、活動が止まることなく、楽しくバンド活動を続けてこれました。いろんなイベンターの方や、バンドの方、ライブハウスの皆さん、何より遊びに来てくれるお客さんのおかげで本当に良い時間をこれまで過ごしてきました。

 

 ただそんな中でも、「果たしてこのままで良いのだろうか?」とは私もヒロヤスも考えていて、バンド以外の環境を見つめ直したい。と二人で昨年くらいから話してもいたんです。

 

そして、先週、今回の話が決まり、同時に、私もバンド以外の身の回りの整理をしたいと強く思いました。

 

我々サラリーマンバンドなんで、音楽が全ての中心ってスタンスでもないのですが、その分なおさら、それ以外の部分が、大事で、しっかりした環境が作れるかどうかで、バンドの活動内容も大きく変わってきます。

 

このままの環境で続けると、メンタル的にお互いパンクするという嫌な予感が、去年くらいからありました。

 

なので、一度DEAD STOCKを今まで以上に動きやすくできる生活の基盤を作るために、少し長いですが、作ることにしました。

 

こうやって書くと、凄く堅苦しいですが、正直私もヒロヤスも「2年間ライブしないだけ」くらいに考えてますし、その間お互いできることをやっていくつもりです。ヒロヤスがタイに居る間になんとか向こうでライブもしてみたいですし。

 

心配してる皆様のために、はっきりと言っておきますが、DEAD STOCKは今後もやります。再来年はちょうどDEAD STOCK結成10周年。そこからライブ再開する思います。というかします。

 

 ブログでは書ききれない家庭の事情やれなんやれもあるので、納得いかない人はいつでも私に話てください。

 

 お粗末な説明でしたが、ざっとはこんな感じです。

 

 わざわ読んでくれて皆様、ありがとうございます!!  やすまさ